防災グッズ 通販

 

 防災グッズ、必要だとは思っているケド
 具体的にどんな時に何が必要なのか?
 わからないので用意していない方のために
 順を追って見ていきましょう。


防災グッズ!いつ何が必要かが一目でわかる!

もし避難する事になった場合、印かん、現金、貯金通帳、そして
非常用持ち出し袋セットは持って避難したいところです。
持ち出し袋の中身は左のカテゴリの「 防災リュックにいれるもの 」
でご紹介しておりますので、個別に揃える場合は参考にしてみて
下さい。

逃げる時

もし地震がきましたら、小さい揺れであればスグに出口を確保しま
しょう。
揺れが大きいようであれば、できるだけ頑丈なテーブルなどの下に
もぐり、そして揺れが収まったら出口の確保をします。

 

万が一、逃げ遅れた時のために非常用ホイッスルは、出来るだけ
身近に置いておきたいものです。

 

さて、もし実際に避難しようとした時、できればヘルメット、あるいは
防災頭巾をかぶりましょう。

 

人口が密集している所では、車で避難するとスグに渋滞に巻き
込まれますので注意が必要です。

 

渋滞の心配もなく、車を使う場合はガソリンの缶詰なども確保して
おくと心強いと思います。

 

さて、ここから避難所での生活になるのか、自宅には戻れたケド
電気、ガス、水道が使えない状況での生活になるのかに別れます。

 

 

避難所で役に立つ防災グッズ

なんといっても水と食料は確保しておきたいものです。
救援物資が届くまでの3日分は最低でも用意しておきたいもの
です。
長期間保存できる水
火も水も使わずにできる温かい食事

 

そして情報収集は欠かせません
ラジオ、携帯充電、ライト、ソーラーや手回し充電などの機能が
ひとつにまとまった多機能ラジオ付きライトはオススメです。

 

そして寒さをしのぐグッズもかなり役立ちます。
出来れば布団が欲しいところですが、なかなか持って避難できま
せんので、レジャーシートを用意しておくと便利です。
アルミブランケットは、結構温かいと評判です。

 

ゴミを捨てる以外にも、荷物をまとめたり下に敷いたりと、
なにかと便利なのがポリ袋なので用意しておきましょう。

 

もし避難所生活が長引いてしまった時は、やはり衛生面が気に
なってきます。
ウェットタオル  ・ ウェットティッシュは、いくらあっても多すぎる
事はありません。

 

同じように下着も多いに越した事はありません。
非常用下着 ・ 圧縮下着セット

 

女性の場合は生理用品も必須といえるでしょう。

 

そして非常用トイレも準備したいグッズです。

 

 

※あまり多く用意し過ぎてしまい、それを持って避難しようと
 した時に、重くて運べないといった事のないように調整する
 ようにして下さい。

 

 

ライフラインが絶たれた自宅で役立つグッズ

防災グッズ 通販
避難所ではなく、自宅でライフラインの復旧を待つ
時に役立つ防災グッズをご紹介します。

 

やはりまずは水と食料です。

 

飲料水長期間保存タンク

 

保存の出来る食料は、普段から少しずつ備蓄しておきましょう。
保存のできる食品
非常食セット

 

やはり温かい食事はありがたいものです。
カセットコンロ
ガスボンベ

 

電気がきてない場合の明かりは、
ランタン 、あるいは非常用ろうそく(4時間燃焼)が便利です。

 

 

以上、一通りの流れでお役に立てるような防災グッズをご紹介
させていただきましたが、他にもパンクしない自転車ですとか
ベビーのための非常用持ち出しセット ・ 赤ちゃんの水など、
皆様の環境に合った防災グッズをお選び下さいませ。

 

 

 


あると重宝するもの

放射能対策


その他人気商品